YOLOの競技パフォーマンスUPトレーニング
【筋バランスの修正+3つのトレーニング】
筋バランスの修正
競技特性や選手一人ひとりに「苦手な動き」が存在します。「苦手な動き」とは筋肉の左右(前後)で硬い筋肉・弱い筋肉が存在することで関節の可動制限が起こり「苦手」を作ってしまっています。YOLOのアスリートサポートでは「苦手」の原因となっている筋肉へストレッチやエクササイズでアプローチをし、筋バランスを修正します。
_N2A3476_edited.jpg
レジスタンストレーニング
筋肉の発達にはダンベルやバーベルなどでの物理的なストレスを加わることが重要です。競技によって必須となる筋肉をレジスタンストレーニンングで強化しましょう。また分析を通して得た情報も用いて、選手のカラダや苦手克服に必須となる強化すべき筋肉へ重りを使ったトレーニングを行います。
_N2A3441.jpg
ファンクショナルトレーニング
レジスタンストレーニングで得た「基礎筋力」をアスリートは「動き」へと変換しなくてはなりません。
そこでファンクショナルトレーニングで動きに負荷を加え、筋肉を正しく連動させるトレーニングを行いましょう。
_N2A3524.jpg
スペシフィックトレーニング
​競技特有のターゲットとする動き(テニスのサーブ・ゴルフのスイングなど)により近づけたスペシフィックなトレーニングを行いましょう。
​つけた基礎筋力・連動した動きをより発揮したいパフォーマンスへとつなげていきましょう。
_N2A3577.jpg
競技パフォーマンスUPサポートの流れ
_N2A3379.JPG
 check
動作分析
強化したい動きや克服したい動きを把握するためいくつかのチェックを行います。
​動作分析からさらに細かな部分的チェックを行い、筋肉の硬い・弱いを予測して行きます。
_N2A3476.JPG
conditioning
筋バランスの修正
相反性抑制の反応を用いて、硬い筋肉にはストレッチを弱い筋肉にはエクササイズを行い筋バランスを修正します。
​筋バランスが整うと即効性の効果が現れるため関節の可動範囲が広がることを実感できます。
_N2A3441.JPG
resistance
レジスタンストレーニング
重りを使い基礎筋力を強化しましょう!
基礎筋力次第で発揮できるパフォーマンスの幅は大きく変わります。
​特にクセが出やすい関節周辺の基礎筋力は強化が必須となります。
_N2A3532.JPG
functional
ファンクショナルトレーニング
つけた筋肉を動ける筋肉に変換して行きましょう。ファンクショナルトレーニングでは筋肉の連動を促す種目を行います。
​苦手な動きの克服を行いましょう。
_N2A3566.jpg
specific
スペシフィックトレーニング
ターゲットとする動きに対して負荷をかけたトレーニングで強化して行きましょう。
​最終的に発揮したいパフォーマンス動作に近い動きをスペシフィックトレーニングで強化できます。
福岡テニスパーソナルトレーナー
Home exercise
宿題の提出
トレーニング終了後、自宅で出来るトレーニングを宿題として提出します。
フォームなどの細かな説明は動画配信にてサポートいたします。
全てのメニューの内容は動作分析・あなたの筋バランスをもとに組み立てます。
用意されたプログラムを当てはめるのではなく、あなたの苦手に対するアプローチとなります。
福岡食事指導
After support
栄養サポート
​専任契約期間中はいつでもLINEによる栄養指導サポートを行っています。
9:00~21:00の時間中はLINEにていつでも栄養サポートを行います。